映画の並木道

古今の映画や海外ドラマについて紹介しています。ネタバレは基本的になく、ネタバレするときは事前にその旨を記しています。

ドラマ『メグレ警視』~フランス舞台の英国ミステリー~

f:id:presbr:20191022232939j:plain

 

 フランスの名探偵メグレを、ローワン・アトキンソンが演じた推理ドラマです。フランスを舞台にしているものの、英国ミステリー風味満載の秀作ドラマでした。

 

 

1.あらすじ

 パリ警視庁司法警察局の警視、メグレ。彼が、モンマルトルで起きた女性連続殺人事件や宝石商殺害事件に挑む。

 

www.youtube.com

全2シーズン 各2話 一話約90分 

 

 製作は、イギリスのテレビ局ITV。『Mr.ビーン』『ダウントン・アビー』『刑事フォイル』などを放送してきた、伝統ある民放放送局です。

 

2.ジョルジュ・シムノン

 メグレ警視は、ベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンが生み出したキャラクターです。「怪盗レトン」(1929年)に初登場して以降、「メグレ最後の事件」(1972年)まで100作品以上に登場しています。ちなみに、名探偵コナンに登場する目暮十三警部の名前の由来はこのメグレ警視です。

 

 シムノンは、ベルギー出身ですが一般にはフランスの作家とされています。フランスの推理作家の中では、一番人気といっても良い人です。メグレ警視以外の小説だと、「雪は汚れていた」(1948年)などが傑作として知られています。

 

 シムノンメグレ警視シリーズには、あまり派手なトリックは登場しません。しかし、メグレ警視は犯人や被害者の心理を理解することで事件を解決していくため、推理小説として高く評価されています。探偵のタイプとしては、同じく人間の心理に注目する探偵エルキュール・ポアロに近いです。

 

3.メグレ

 このメグレを演じるのは、ローワン・アトキンソン。『Mr.ビーン』や『ジョニー・イングリッシュ』シリーズで、面白いおじさんを演じています。もはや、ローワン・アトキンソン=Mr.ビーンという人も多いと思います。

 

 ただ、『メグレ警視』を見るときにはそのイメージを捨てなければいけません。このドラマでは、ローワン・アトキンソンはまったくふざけません。真面目です。まあ、Mr.ビーンのイメージがあまりにも強すぎて、今にも変顔をするんじゃないかととか思ってしまうんですけどね。

 

 彼が演じるメグレは、よく静かに考えています。警察への批判や、捜査が上手くいかないことで常に頭を悩ませています。そして、メグレは妻を愛する人物です。今でも、奥さんと散歩をするほど仲が良いです。奥さんを心の支えとして、彼は毎日陰鬱な事件に立ち向かっていきます。

 

4.英国ミステリー

 『シャーロック・ホームズの冒険』から続く英国のミステリードラマの特徴として、米国ドラマのような派手なシーンが少なく、謎解きをメインにストーリーが進んでいく点があります。また、最近では主人公の探偵にフォーカスした名作も多いです。『SHERLOCK/シャーロック』の大ヒットは、記憶に新しいところです。

 

 『メグレ警視』の雰囲気は完全に英国ミステリーです。これが、とても心地よい。爆発も銃撃戦もほとんど起こらないけど、謎と人間にフォーカスした展開が良いです。

 

 肝心のストーリーはというと、これもよく出来ています。謎自体は、『SHERLOCK/シャーロック』や『新米刑事モース/オックスフォード事件簿』ほど複雑ではありません。その代わりに、メグレや犯人の心理がよく描かれています。特に、様々な”愛”が含まれていたのが印象的でした。シーズン1第1話の結末は、愛のカタルシスという感じでものすごい結末を迎えます。

 

 個人的に一番面白かったエピソードは、シーズン2第1話。何度も事件の様相がひっくり返る展開もさることながら、愛の強さを感じさせられるストーリーが面白かったです。

 

5.まとめ

 『メグレ警視』は、英国ミステリードラマのDNAを受け継ぐ正統派ミステリーでした。英国ミステリーが好きな人にはもちろんおすすめですが、話がそれほど複雑ではないので、英国ミステリーの入門編としても最適です。

 

 また、ローワン・アトキンソンが真面目な役をやっている数少ない作品でもあります。彼に付きまとうMr.ビーンのイメージを、今回は捨てて見てあげましょう。

 

最後に、ドラマの原作をまとめておきます。

シーズン1第1話 「メグレ罠を張る」ハヤカワ文庫

シーズン1第2話 「メグレと殺人者たち」河出書房

シーズン2第1話 「メグレと深夜の十字路」河出書房

シーズン2第2話 「モンマルトルのメグレ」河出書房

 

↑本を買うならhonto。紙の本も電子書籍も豊富で、送料無料。丸善ジュンク堂などと連携しているので、共通のポイントが使えたり、希少本を見つけられたりするのでおすすめ。 

 

↑英国ミステリーの秀作をもう一本